笑ったり怒ったり、男の子の子育ての日々&ときどき韓流
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

モン・サン=ミシェル
 





写真は、WEBよりお借りしました





モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)とは

フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院である。

カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称され、

1979年「モンサンミシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、

1994年10月にはラムサール条約登録地となった。



提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




とても、神秘的な建物ですよね。 今、行きたいところの一つです。








主人の会社の方が、ここに旅行にいったようで、
お土産をいただきました。

こちらのクッキーは、モンサンミッシェルのお土産で一番人気らしく、
バターたっぷりだけど、重くなく甘すぎず、とてもおいしいるんるん
日本のサブレー類と違って、塩加減と甘さが絶妙です。


モンサンミッシェルの有名店、メール・プラール(Mere Poulard)
というところのクッキーで、種類がいろいろあるようですが
サクサクとした歯触りもよくサブレータイプのようです。


気になって色々調べたら、
モンサンミッシェル&ノルマンディーのいなか町
なかなか面白そうです。 あ〜、行きたい行きたい。

しばらく、海外旅行に行っていないので、
まずは、パスポートから作って備えないとねウインク




JUGEMテーマ:日々のくらし

桜ふぶき
JUGEMテーマ:日々のくらし


GWに、突入しましたね。

我が家は受験生がいるので、遠出のお出掛けの予定もなく、

今日は、こうクンはサッカーの練習試合に朝の8:30から17:000まで出かけ

ダンナさまとけいタンは、Jリーグのマリノス戦を観に行ってしまいました。

残された、私はゆるりとハンドメイドにいそしてんでいました。

最近は、けいタンに頼まれた、ミサンガ作りに励んでおります。

我が家はすっかり、サッカーづくしに・・・・


 


5日前ほどに撮影した、桜の散歩道。

八重桜が満開の頃でです。

今週はすごい春の嵐でしたね。

ちょうど、はかない桜の花の終わりと一緒になって、桜ふぶきが綺麗だった〜。

まるで、雪のようにはらはらと。

下を見ると、桜の花びらでまるでピンクのジュータン。


写真が上手に採れなかったで、Upできません。ざんねん !!




学校から、帰ってきたこうクンが、風でちぎれて飛ばされた桜を持ってきてくれました。

「きれいだから、かわいそうでしょ?」ってね。


そうだね。



これでどう?

このピンクは、本当にHappyな色ね。

しばらく、みんなの目を楽しませてね♪
みーつけた

真っ黒な空、よこなぐりの激しい雨。
嵐の朝の空に、ほんの少し晴れ間が見えた時。



「み〜つけた!」



おおきな“虹”。








JUGEMテーマ:日々のくらし
 
さくら花ちりぬる風のなごりには
 
 “さくら花ちりぬる風のなごりには 水なき空に浪ぞたちける”


 



今日は朝から風雨が激しく、神奈川県では大雨・暴風注意報ががでて
小学校は一時自宅待機でした。
11時過ぎには、少し雨もおさまり登校していきましたが。
1年生にはちょっとかわいそうなほどの、本当にひどいよこなぐりの雨でした。

子供たちが登校して、私もやっと外出。
雨の中、あちこち用事をすませながら歩いていると、
せっかく満開になった、八重桜の下は花びらの絨毯が。。。



“いつのまに散りはてぬらむ 桜花 面影にのみ色を見せつつ”

「桜はいつのまに散り終えてしまったのか。
          盛りの色を記憶の中にのみ残して」





今年の春は、雨が多くて桜が満開になったかと思うと
ゆっくりと眺める間もなく散ってしまいますね。

花びらの絨毯の上に、雨にぬれた桜の枝。

この風雨で折れてしまったのか、
枝が見えないほどの花を付けた枝が、雨できたなくなってしまうのが忍びなくて
家に持ち帰り、器に生けてみました。



八重桜はピンクが少し濃くて、またかわいいです。


JUGEMテーマ:日々のくらし
朱華色(はねずいろ)
 
今朝、子供と一緒に見ていたNHKの「にほんごであそぼ」の
“日本の伝統色”というコーナーで扱っていた色。

春らしい、優しい色。
さくらの色よりも、少し黄みがかってる感じでしょうか。
ピンクの中でも好きな色です。
実は、この色の着物も持っています。

日本の伝統色は、身の回りにあるすべての色を細やかに識別し
素敵な名前をつけていると思います。


朱華色は唐棣色(はねずいろ)とも書き
奈良時代には、親王や諸王の衣装の色として定められた物だそうです。
とても、品のある色です。



「思わじと言ひてしものを朱華色の移ろひやすきわが心かも」
と有名な大伴坂上郎女の歌もあります。



写真でお見せしたかったのですが、上手に取り込めなくて。。。
興味がある方は、下の表記を参考にしてくださいね。

◆はねずいろ
16進表記  #f0908d
RGB     (240, 144, 141)
CMYK (0, 40, 41, 6)
HSV (2°, 41%, 94%)
マンセル値 5.7R 8.4/4.1

◆日本の伝統色 和色大辞典 http://www.colordic.org/w/
 この中では、薄紅が朱華色になるようです。


布で見るのが、一番いいのですが、なかなか機会がないですよね。
和のカラーを学ぶ講座もあるそうです。
最近、着物がかなり気になる私。
まずは、着付けでも習おうかしら。